スポンサーリンク

いきなり貸借対照表から始めます

多くのテキストでは、「簿記とは企業活動を正しく記録するための・・・」とかいったところからスタートするのが一般的です。
あるいは、流動資産の現金からスタートして、現金の範囲だの現金過不足を一番最初に学習するかもしれません。

ところが、非常識な大谷場メソッドでは、いきなり貸借対照表から始めます

スポンサーリンク

といっても、「貸借対照表とはなんぞや」ではなく、複式簿記の借方や貸方といった仕組みを理解するのに、貸借対照表からスタートするのが、実は最も理解しやすいと考えるからです。

これで、複式簿記の初心者が真っ先に感じる「壁」である「借方/貸方」は、いとも簡単にマスターすることができるでしょう。

「借方/貸方」の考え方についてさらに詳しく

スポンサーリンク