簿記3級の試験では、商品券の問題が出題されます。
簿記3級でしか出ません。
まったく難しくありませんから、ぜひとも得意分野にしましょう。

お客さん側から見た商品券

デパートでおなじみの商品券ですが、簿記3級試験では・・・
何も特別なことはなく、そんな商品券を買ったり使ったりしたときのことを思い出してください。

まず、商品券を買った時(店側は発行の時)。

「買った」と言いました。
でも思い出してください。
商品券を「買う」ときは、消費税は取られませんし、クレジットカード払いはできませんし(現金のみ)、ポイントも付きません。

なぜなら、その商品券を使って実際の商品を買うときが、本当の「買い物」(店側は「売上」)だからです

店側から言えば、例えば1万円の商品券を売った(発行した)ときと、その商品券を使って1万円の商品が売れたとき、両方を「売上」にすると、実際には1万円の商品が売れて現金1万円しか入ってないのに、ダブルカウントで2万円分の売上が計上されることになります。

ですから、消費税も商品券を使って商品を購入するときに取られるわけで、ポイントが付くのも、商品券を「買った」ときではなく、その商品券を使って実際の商品を「買った」ときに付与されるのです。

では商品券を「買った」ときは何なのか?

お店から見た商品券

まわりくどくなりましたが、お客からすれば、商品券は、額面相当の商品と交換できる「権利」(債権)であり、店側からすれば、反対に額面相当の商品と交換しなければならない「義務」(債務)になるわけです。

【例1】
当店は、お客に商品券500を発行し、代金は現金で受け取った。

【仕訳】
(借)現 金 500
/(貸)商品券 500

この貸方の「商品券」勘定は、店側にとっては「後で500円分の商品と交換しなければならない」という債務が発生した=<負債の増加>という意味です。

【例2】
商品800を売り上げ、代金は当店発行の商品券500及び現金で受け取った。

【仕訳】
(借)商品券 500
(借)現 金 300
/(貸)売 上 800

これも、実際の商品券を使った買い物の場面を思い出して、足りない分を現金で払ってもらうという場面ですね。

借方の商品券は、商品と交換することで債務が消滅した(反対仕訳)という意味です。

他店商品券

ところで、今の2つの例では、自分の店が発行した商品券のことでした。

それでは、(加盟店共通とかの)他のお店が発行した商品券は?

自分が発行した商品券は負債ですが、他店が発行した商品券は、逆に資産です。

似ているようですが、負債と資産で真逆ですから、区別するように「他店商品券」という別の勘定になります。

【例3】
商品800を売り渡し、代金のうち300は、当店と連盟しているジーシーシー商店の商品券で受け取り、残額は当店発行の商品券で受け取った。

【仕訳】
(借)他店商品券 300
(借)商 品 券 500
/(貸)売   上 800
800円の商品を売上げ、代金として、うち300円は他店商品券という資産、残り500円は(自店)商品券という債務の帳消しで精算。

解ける!簿記 3級 本試験レベル問題

商品80,000を売り渡し、代金のうち50,000については当店と連盟している他店の商品券で受け取り、残額は当店発行の商品券で受け取った。

<THINKING SPACE>

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】
(借)他店商品券 50,000
(借)商 品 券 30,000
/(貸)売   上 80,000

【例3】と、まるで同じでした。

次講「仮払金・仮受金」へ

「簿記検定合格直結講座」トップに戻る

■ビジュアル動画講義「商品券・他店商品券」