スポンサーリンク

小口現金

日常業務で、いろいろな部署で、こまごました経費が生じる場合(例えば文房具買う、客先に手土産を買う・・・)に、いちいちその都度銀行から現金をその分だけおろしてきたり、経理部門が持っている現金を各部門にその都度渡したりするのはうっとうしいです。

そこで、あらかじめ週イチや月イチで、毎月発生しそうな細かい経費分の現金「小口現金」を、先に渡しておいて、実際使った分だけ、後で精算するやり方があります。

これを「定額資金前渡制度」(インプレストシステム)といいます。
(置き薬みたいなもんですな)

【例1】
経理担当から各部門に小口現金として10,000分小切手で渡す。

【仕訳】
(借)小口現金 10,000
/(貸)当座預金 10,000

【仕訳の意味】
小切手を切ったので当座預金減少=貸方。
借方は、後で精算を要する「小口現金」

【例2】
当該部門は、小口現金で、事務用品(文房具)に3,000、切手に2,000、来客用茶菓子に1,000を使った。

【仕訳】
仕訳なし
・・・精算時に仕訳します
(仕訳とは、勘定記入のためのもので、勘定記入は精算時に行うため)

【例3】
【例2】の明細を経理担当に提出し、精算した。

【仕訳】
(借)消耗品費 3,000
(借)通 信 費 2,000
(借)雑  費 1,000
/(貸)小口現金 6,000
(経理部門に明細が提出され、その時点で初めて帳簿に記載されます。すなわち、小口現金が使われ(=貸方)、各費用化されました)

スポンサーリンク
【例4】
経理担当は、今回の使用分と同額を小切手で補給した。

【仕訳】
(借)小口現金 6,000
/(貸)当座預金 6,000

解ける!簿記 3級 本試験レベル問題(小口現金)

【問題】
小口現金係から、次のとおり1週間分の支払報告を受け、支払額と同額の小切手を振り出した。
電車代¥3,000、文房具代¥4,000、切手代¥5,000、茶菓代¥2,000。

【THINKING SPACE】

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】
(借)旅費交通費 3,000
(借)消耗品費  4,000
(借)通 信 費 5,000
(借)雑   費 2,000
(借)小口現金  14,000
/(貸)小口現金 14,000
/(貸)当座預金 14,000
前述の【例3】と【例4】の合体です。

借方と貸方の「小口現金」が同額なので、相殺して、

【別解】
(借)旅費交通費 3,000
(借)消耗品費  4,000
(借)通 信 費 5,000
(借)雑   費 2,000
/(貸)当座預金 14,000
もアリです。

「あれ、小口現金は?」

14,000減って、同額補給したので、一番最初に振り出された小口現金の額に変動がないのです。

次講「引出金」へ

「第1問仕訳問題対策」トップに戻る

「簿記検定合格直結講座」トップに戻る

■ビジュアル動画講義

スポンサーリンク