スポンサーリンク

日商簿記3級の過去問(仕訳問題)を見ていると、やたら従業員が出張する問題が出題されています。
考え方は難しくないので、ぜひ得点源にしましょう!

仮受金・仮払金

簿記3級の試験では、従業員に関する仕訳問題が頻出問題となっています。

例えば・・・

【設例】
(1)当店の従業員の出張に際し、旅費を概算で¥30,000現金で渡した。
(2)出張中の従業員から、当店の当座預金に¥50,000の振込みがあったが、内容は不明である。
(3)従業員が出張から戻り、旅費の精算を行い、残額¥2,000を現金で受け取った。
(4)帰店した従業員の報告により(2)の入金は、売掛金の回収と判明した。

【合格直結の考え方】
(1)
「前払金」と思いがちです。
確かに、実際に費用が発生する前にあらかじめ渡しているのですから、前払金の一種といえそうです。

しかし「概算で」ということで、¥30,000を仮に渡しましたが、実際は3万円以下で済むかもしれませんし、逆に超えてしまうかもしれません。
でも、それは出張に実際に終わってみないとわからないので、この時点では「仮」に「払って」おきます
というわけで「仮払金」といいます。

【仕訳】
(借)仮払金 30,000
/(貸)現 金 30,000

ところで、この「仮払金」はなぜ借方か?

それは、実際に出張が終わって費用が確定すれば「旅費交通費」という費用に変わります。
ですから費用と同じ借方です。
ちなみに費用が確定するまでの仮払金は、仮に預けてあるお金、ということで債権(資産)です。

(2)
何のお金か、理由はわからないけど、とりあえず当座預金が5万円増えたので、
(借)当座預金 50,000
はすぐにわかります。

これが、売上代金ならば貸方は「売上」だし、売掛金の回収(掛=後払いでツケておいた代金の受取り)であれば貸方は「売掛金」です。
しかし、現段階では判明していないので、「仮」に「受けた」お金、ということで「仮受金」となります。
仮受金は、内容不明で「預かっている」状態のお金なので、債務(負債)で貸方です。

【仕訳】
(借)当座預金 50,000
/(貸)仮 受 金 50,000

(3)
さて、出張が終わって、(1)の時点ではわからなかった旅費が実際は¥28,000だったと判明しました。
お釣り¥2,000は現金でキャッシュバックされました。
これで仮に払っておいた「仮払金」が消え、「旅費交通費」と「現金」になります。

【仕訳】
(借)旅費交通費 28,000
(借)現   金  2,000
/(貸)仮 払 金 30,000

スポンサーリンク

(4)
従業員が出張から帰ってきたことで、
(主)「あの5万の振込み何だったの?」
(従)「ああ、あれは前に売り上げたときの売掛金の回収分ですよ」
と判明しました。
なので、「仮受金」も「売掛金」に変わります。

【仕訳】
(借)仮受金 50,000
/(貸)売掛金 50,000

なぜ「仮受金」が借方で「売掛金」が貸方かって?

(2)のところで、仮に「預かっていた」状態だったために負債(貸方)にあった「仮受金」を帳消しにするために、反対の借方にもってきて消去します。
売掛金も「回収」された、ということは「掛け」(ツケ)状態が解消されたということなので、借方(債権=資産)にあった売掛金を帳消しにするために、反対仕訳で消去しています。

解ける!簿記3級 本試験レベル問題(従業員の出張~仮払金・仮受金)

【問題1】
仕入先との商談のため、従業員を直江津まで出張させることとし、旅費の概算額¥10,000を現金で渡した。

【THINKING SPACE】

【仕訳】
(借)仮払金 10,000
/(貸)現 金 10,000

【問題2】
出張中の従業員から当座預金の口座に¥60,000の入金があった。このうち、¥20,000については、得意先丸豆商店から注文を受けた際に受領した手付金であることが判明しているが、残額¥40,000の詳細は不明であった。

【THINKING SPACE】

【仕訳】
(借)当座預金 60,000
/(貸)前 受 金 20,000
/(貸)仮 受 金 40,000

【問題3】
従業員の出張にあたり、旅費の概算額¥10,000を支払っていたが、本日、帰店したため精算を行い、残額¥1,500を現金で受け取った。

【THINKING SPACE】

【仕訳】
(借)旅費交通費 8,500
(借)現   金 1,500
/(貸)仮 払 金 10,000

【問題4】
出張中の従業員から当座預金口座に振り込まれ、【問題2】で詳細不明だった¥40,000は、得意先高助商店から注文を受けた際に受領した手付金¥10,000と、得意先イカヤ商店から回収した売掛代金¥30,000であることが判明した。

【THINKING SPACE】

【仕訳】
(借)仮受金 40,000
/(貸)前受金 10,000
/(貸)売掛金 30,000

・・・長くなりましたね、疲れましたか?

でも、一つ一つは難しくないと思います。
得点源です。

次講「もう一つの頻出テーマ・従業員の給料天引き」へ
「第1問仕訳問題対策」トップに戻る
「簿記検定合格直結講座」トップに戻る

■ビジュアルで理解できる講義動画(無料)

スポンサーリンク