【例15-4】三分法で仕訳
(1)本体価格¥7,000の商品を仕入れ、代金は掛けとした。
(2)本体価格¥10,000で商品を売り上げ、代金は掛けとした。

【仕訳】

(1)(借)仕 入   7,000 (貸)買掛金   7,000

(2)(借)売掛金 10,000 (貸)売 上 10,000

この【例15-4】に、次の一文を加えます。

いずれも消費税率は8%で税抜方式とする。

すると、どうなるでしょう。

消費税を支払った場合~仮払消費税

(1)では、本体代金¥7,000のほかに、消費税(8%)分¥560も合わせて、仕入先に支払わなければなりません。ですから、貸方の買掛金は税込み7,560になります。

一方借方は、3級で出題される「税抜方式」の場合、仕入勘定には「税抜き」つまり本体代金分の¥7,000だけを計上します。では、消費税分の¥560はどうするか?

「仮払消費税」という資産の勘定に計上します。

【消費税を考慮する場合の仕訳】

(1)(借)仕   入 7,000 (貸)買 掛 金 7,560

      仮払消費税  560

「仮払消費税」は、従業員の出張旅費の概算払いの講で学習した仮払金勘定と同じ意味の勘定で、後で精算を要する資産になります。

消費税を受け取った場合~仮受消費税

(2)では、本体代金¥10,000のほかに、消費税(8%)分¥800も合わせて、得意先(お客さん)に請求します。ですから、借方の売掛金は税込み10,800になります。

一方貸方は、税抜方式の場合、売上勘定には「税抜き」つまり本体代金分の¥10,000だけを計上します。では、消費税分の¥800はどうするか?

もう予想がつきますか?

「仮払消費税」と反対の「仮受消費税」いう負債の勘定に計上します。

【消費税を考慮する場合の仕訳】

(2)(借)売 掛 金 10,800 (貸)売   上 10,000

                    仮受消費税    800

「仮受消費税」は、内容が不明の入金の例で学習した仮受金勘定と同じ意味の勘定で、後で精算を要する負債になります。

お客さんから預かっておいて、後で(期末決算時に)精算して、精算の内容によって税務署に納付しなければならない税金となります。

消費税の会計処理】
1.仕入側では、仮払消費税(資産)
2.売上側では、仮受消費税(負債)

【補足】

なお、仮払消費税は、商品の仕入時だけでなく、固定資産や消耗品の購入、経費の支払いの場合に消費税を支払う場合も、この講と同様の会計処理をします。

▶▶▶次講「消費税(税抜方式)~期末決算時の精算の仕訳」へ