第2問・第4問対策

日商簿記検定3級試験の第2問と第4問は、勘定記入伝票補助簿といった実際の帳簿に関する出題が中心です。
ニガテとする受験者も多い「差がつく」分野です。

配点は、第2問・第4問とも各8点~12点です。
捨てたい気持ちにかられる配点ですが、「1点に泣く」合否を分ける論点でもあります。
ポイントを押さえれば、ニガテ科目から得意科目に変えることができます。

「短期間で第2問・第4問をニガテから得意にしたい!」という方には、第2・4問集中対策講座(¥1,980)をご用意しています。

▶▶▶ご購入はこちらからどうぞ

勘定記入・補助簿・伝票に限定して、基本的な原理の理解から頻出論点の詳説、頻出問題の演習を集中的に行います。
さらに、テキストでは理解に時間のかかる論点については、ビジュアルに理解できる動画講義も付してあります(動画視聴には要インターネット接続)。

日商簿記検定第2・4問集中対策講座の内容

教材コンテンツ(PDFファイル・ダウンロード教材・動画へのリンク付き)
1.勘定記入の集中特講
【特に出題頻度の高い決算整理関係(締め切り、繰り越し、損益勘定振替、引出金等)を重点的に解説しています。】
■ 勘定記入の基本原理
■ B/S科目の勘定記入
■ P/L科目の勘定記入
■ 資本金勘定の勘定記入
■ 費用の繰り延べ
■ 収益の繰り延べ
■ 費用の見越し
■ 収益の見越し
2.補助簿の集中特講
【各補助簿の基本フォーマットから頻出論点の解説及び理論知識問題等で問われる帳簿組織のつくりも解説しています。】
■ 補助簿とは
■ 補助元帳
・売掛金元帳(得意先元帳)・買掛金元帳(仕入先元帳)
・商品有高帳(移動平均法・先入先出法)
■ 補助記入帳
・現金出納帳
・小口現金出納帳
・当座預金出納帳
・手形記入帳(受取手形・支払手形)
・仕入帳・売上帳
■ 補助元帳と補助記入帳
3.伝票の集中特講
【出題区分の改定内容を考慮し、3伝票制の分解取引と全額掛け取引を中心に解説しています。】
■ 伝票とは
■ 入金伝票・出金伝票
■ 取引を分解する方法
■ ウソでも全額掛けとする方法
■ 伝票の集計

▶▶▶ご購入はこちらからどうぞ

また、

■決算(試算表・精算表・決算整理・勘定締切・財務諸表)集中対策講座【準備中】

もあります。
学習の進度や弱点分野の状況に応じてお選びください。

「スキマ簿記」サイトでの第2・4問対策コンテンツ
勘定記入 ( 勘定記入実戦編 繰延 見越 勘定記入と繰延・見越 引出金 )
伝票 ( 3伝票制 5伝票制 )
補助簿 ( 売掛金元帳・買掛金元帳 商品有高帳 補助記入帳 )

「簿記検定合格直結講座」トップに戻る

「スキマ簿記」トップページに戻る