手形と小切手の違い

仕入や売上の決済方法・手段として、これまで学習した、現金、買掛金・売掛金小切手のほかに、「手形」というものがあります。

手形というのは、

(1) 誰が、(2) 誰に対し、(3) いつまでに、(4) どこで、(5) いくら支払う

ということが書かれた(約束された)証券です。

日商簿記3級では、(1)手形の振出人(手形を発行した人)が、(2)手形の名宛人(宛名に書かれた人)に対して支払う、ということを約束する「約束手形」を学習します。

「小切手」と似ていますが、手形は、決済期日の定めがあり、原則として宛名に書かれた人(名宛人)しか手形代金を受け取れないという違いがあります(小切手であれば、誰でも小切手を持ってきた人に代金が支払われます)。

小切手見本
小切手の見本

約束手形を間違わない極意

手形の仕訳問題では、「○○商店振出、××商店宛の約束手形」などとややこしい書き方で出題されることもありますが、約束手形は、

振出人=支払人

名宛人=受取人

という関係だけ理解しておけばOKということになります。

また、実は簿記の勘定科目に「約束手形」といった科目はありません。

(a) 自分がおカネをもらえる権利(債権=資産)となる手形なのか

(b) 自分がおカネを支払う義務(債務=負債)となる手形なのか

のどちらになるかだけです。

(a)の場合は「受取手形」

(b)の場合は「支払手形」

という勘定科目になります。

つまり、「○○商店振出」だろうが、「××商店宛」だろうが、自分がおカネを受け取れるのか、逆に支払うものなのかにより「受取手形」か「支払手形」のどちらかの科目になります。

【例6-1】A社・B社それぞれの仕訳を三分法で
(1)A社はB社から商品¥2,000を仕入れ、代金として同額の約束手形を振り出した。
(2)(1)の手形が満期日となり、A社の当座預金口座から引き落とされ、B社の当座預金口座に入金された。

(1)もし、現金で決済したならば、

A社:(借)仕 入 2,000 (貸)現 金 2,000

B社:(借)現 金 2,000 (貸)売 上 2,000

となるところですが、手形で支払ったので、現金の代わりに手形に置き換えます。

A社は代金を「支払」う側で、B社は代金を「受取」る側なので、

A社:(借)仕  入 2,000 (貸)支払手形 2,000

B社:(借)受取手形 2,000 (貸)売  上 2,000

(2)満期日に手形が決済された=手形が消滅して当座預金に化ける

A社:(借)支払手形 2,000 (貸)当座預金 2,000

B社:(借)当座預金 2,000 (貸)受取手形 2,000

解ける!日商簿記3級本試験レベル問題演習

(1)株式会社玉喜から商品¥2,000を仕入れ、代金のうち¥1,500は同社宛の約束手形を振出し、残額は掛けとした。
(2)かねて株式会社玉喜宛に当社が振り出していた約束手形¥1,500について、支払期日に当座預金口座から引き落とされた。

解答・解説はこちらへ(スキマ時間で簿記3級!問題演習編へ)

▶▶▶次講「手形の電子化~電子記録債権・電子記録債務」へ