手形とは(小切手とは違うの?)

これまで、仕入や売上の支払い、受取りの方法・手段として、現金のほか買掛金・売掛金小切手を見てきました。

これら以外に「手形」というものがあります。

手形というのは、
(1) 誰が
(2) 誰に対し
(3) いつまでに
(4) どこで
(5) いくら支払う

ということが書かれた(約束された)証券です。

「小切手」と似ていますが、手形は、決済期日の定めや自分以外の他者に支払ってもらうものもあります。
(小切手の場合、先日付小切手でもなければ、受取人は金融機関窓口に持参すればただちに換金できます。手形は原則として期日まで換金を待たなければなりません)

約束手形と為替手形

手形の取引に関しては、その関係者について、

「振出人」「名宛人」「指図人」「支払人」「受取人」

といった関係者の「配役」があります。

このうち、支払人と受取人は難しくないですよね。
手形代金を「支払う」側か「受け取る」側か。

一方で、振出人・名宛人・指図人は、手形の発行者や手形の記載事項から見た関係人の役割です。

ところで、手形には、振り出した方(振出人)が、渡した相手(受取人)に支払う2者間のものと、振出人が第三者に対し、受取人への支払いを依頼するという、3者間のものがあります。

前者(2者間)の手形を「約束手形」
後者(3者間)の手形を「為替手形」といいます。
平成28年度から、日商簿記3級検定では為替手形は出題されなくなりました

2者間の場合(約束手形)

約束手形見本

上記の見本の約束手形の場合、振出人のA商店がこの約束手形を発行(振出)したもので、B商店に対し、「金額¥○○○を支払います。支払期日までに場所は〇〇〇〇で」というものです。

つまり約束手形の場合、
・手形の振出人が手形代金を支払う側(支払人)
・宛名に書かれた相手(名宛人)が手形代金を受け取る側(受取人)
という関係になります。

例えば問題文で
・「A商店振出しの約束手形を当店が受け取り・・・」とあれば、A商店が手形代金を支払う側、当店が受け取る側
・「当店がA商店宛に振り出した約束手形が・・・」とあれば、当店が手形代金を支払う側、A商店が受け取る側
と読み取らなくてはなりません。

3者間の場合(為替手形)

日商簿記検定3級の試験範囲から外れましたので、説明は省略します。

今回は、本試験問題演習はなし。次回お楽しみに!

次講「約束手形は勘定科目名ではない?」へ

「簿記検定合格直結講座」トップに戻る

■ビジュアル動画講義(無料)