未収入金・未払金

前回学習した売掛金・買掛金は、商品の売上げや仕入れに関する代金の後もらい・後払いのことでした。

ところで、自分の店が商売として扱う商品以外の売り買いの場合は、後受取り・後払いは、売掛金・買掛金ではなく、「未収金」「未払金」といって別の勘定科目を使います。
(例えば、固定資産や有価証券など、商品以外の売買に係る代金後払い)

「同じ後もらい・後払いでも、商品か商品以外で勘定科目を使い分けられるか?」という論点(=試験の狙い目)で、簿記試験に出題されます。

解ける!日商簿記3級 本試験レベル問題(未収入金・未払金)

【問題1】
新入社員向け事務処理用パソコン2台(@¥100,000。勘定科目は「備品」)を購入し、代金は月末に支払うこととした。

【THINKING SPACE】

 

 

 

 

 

いきなり日商簿記3級の過去問ですが、本番では「勘定科目は備品ですよ」という補足説明はありません。

ちなみに、「@」単価という意味です。
1台あたり¥100,000なので、2台で¥200,000です。

借方は、¥200,000の価値の備品が入ってきたので、
(借)備 品 200,000

では貸方は?・・・
現金払いなら・・・
(貸)現 金 200,000
ですが、ここでは後払いです。

これが商品の仕入れ代金なら「買掛金」ですが、商品仕入れではないので、「未だ払ってないお金」ということで「未払金」になります。

【解答】
(借)備 品 200,000
/(貸)未払金 200,000

【問題2】
A社株式(勘定科目は「売買目的有価証券」、取得原価@5,000)10株を@5,000で売却し、代金のうち10,000は現金で受け取り、残額は翌月末に受け取ることとした。

【THINKING SPACE】

 

 

 

 

 

これも、まだ有価証券を学習していないので、科目名を示し、売却損益が出ない形(売却額=取得原価)にしてあります。

@5,000×10株=¥50,000の価値のある有価証券(資産)を手放します(=貸方)。

その代わり得られる対価が、全額現金であれば・・・
(借)現 金 50,000
/(貸)売買目的有価証券 50,000
ですが、¥40,000分は翌月末(現時点で「未だ収められて入ってきていないお金」)といっているので、

【解答】
(借)現  金 10,000
(借)未収入金 40,000
/(貸)売買目的有価証券 50,000

当然のことですが、
未収入金は、未だ収入として入金されてない=これからお金になる権利(債権)=資産
未払金は、未だ払っていない=これから支払わなければならない義務(債務)=負債
となります。

言葉の意味を考えれば「どっちが資産でどっちが負債で」といったことはすぐわかりますので、むやみに暗記しようとしないこと。

次講「内金・手付金」へ

「第1問仕訳問題対策」トップに戻る

「簿記検定合格直結講座」トップに戻る

■ビジュアルに理解できる無料動画講義