スポンサーリンク
試算表・精算表(決算)を短期間で得点源にしませんか?
日商簿記3級決算集中対策講座とは?

未処理事項の処理

決算整理事項の仕訳と精算表の作成を学習しています。
今回は、未処理事項の処理について復習します。
未処理事項は、本来なら期中にすべき仕訳ですが、原因が不明だったり、忘れていたり、間違っていたなどの事情で正しい会計処理を期中にできず、決算時に決算整理と合わせて行う仕訳です。
現金過不足の始末(正しい勘定科目への振り替えや不明分の雑損・雑益への振り替え)や、仮払金・仮受金などの仮勘定の始末、引出金の整理などがあります。
既習事項なので、いきなり問題演習です。

解ける!簿記 3級 本試験レベル問題(精算表~未処理事項の整理)

【問題】
本日決算日につき、次の未処理事項・決算整理事項に基づいて、精算表を完成させよ。
[未処理事項・決算整理事項]
1.現金過不足のうち¥500は、受取手数料の記帳漏れと判明したが、残額は原因不明により適切に処理する。
2.仮払金¥10,000は、従業員の出張に伴う旅費交通費の概算額を支払ったものであるが、従業員はすでに出張から戻り、実際の旅費交通費¥8,000を差し引いた残額は返金を受けてただちに当座預金に預け入れたが、この取引の記帳はまだ行っていなかった。
3.商品の期末棚卸高は¥50,000である。売上原価は「仕入」の行で計算する。

【THINKING SPACE】

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

【解答】

【決算整理仕訳】
1.
(借)現金過不足 2,000
/(貸)受取手数料  500
/(貸)雑   益 1,500

決算日になっても原因が判明していない現金過不足は、雑損(借方)または雑益(貸方)で処理
(現金過不足勘定は、期中の仮の勘定なので、決算書に表示できない。決算時までのしかるべき勘定に振り替え)
→ 現金過不足の復習へ

2.
(借)旅費交通費 8,000
(借)当座預金  2,000
/(貸)仮 払 金 10,000
仮払金・仮受金も、期中の「仮」の科目なので、決算時までに正しい勘定に振り替え
→ 従業員の出張(仮受金・仮払金)の復習へ

3.
(借)仕  入 30,000
/(貸)繰越商品 30,000・・・期首(前期末)の繰越商品
(借)繰越商品 50,000・・・期末の繰越商品(次期へ繰り越す)
/(貸)仕  入 50,000

売上原価の復習でした。

試算表・精算表(決算)を短期間で得点源にしませんか?
日商簿記3級決算集中対策講座とは?

→ 第5問(精算表)対策トップに戻る

→ 「簿記検定合格直結講座」トップへ

スポンサーリンク