簿記検定 3級試験 の花形、手形の応用編。
もともとの受取人、支払人の2者から、さらに譲り受けた者の3者関係になります。
「裏書譲渡」なんて難しそうなコトバですが、手形はしょせん、手形代金を受け取る側か支払う側かの2択。
難しいことはありません。

手形の裏書譲渡

Aから振り出され、Bが現在所有している受取手形は、支払い手段として(仕入代金を現金で支払う代わりに)、第三者のCに譲渡することができます。
この場合、譲渡する手形の「裏」面に、譲渡先などの事項を「書」いて譲渡するため、「手形の裏書譲渡」といいます。
A(もともとの振出人)

B(裏書譲渡した人)

C(譲り受けた人)

裏書譲渡された手形が決済されるときは、もともとの振出人Aから、譲渡されたCに支払われます

【例1】
(1)B商店は、かねてA商店から受け取っていた同店振出しの約束手形50,000を、C商店への買掛金支払いのために裏書譲渡した。
(2)(1)の手形が満期日となり代金は決済され、互いの当座預金に入金・出金があった。
(A・B・C各商店の仕訳)

(1)
あくまで、(1)はB・C間の取引なので、Aは関係ありません。
Bは、Aから受け取っていた受取手形という債権を、Cに譲渡(出て行った=貸方)しました。
Cはそれを受け取りました(借方)。
それは、買掛金支払のため。
よって、B・C間の売掛金・買掛金がチャラになります。

A商店:
仕訳なし

B商店:
(借)買 掛 金 50,000
/(貸)受取手形 50,000

C商店:
(借)受取手形 50,000
/(貸)売 掛 金 50,000

(2)

A商店:
(借)支払手形 50,000
/(貸)当座預金 50,000

B商店:
仕訳なし

C商店:
(借)当座預金 50,000
/(貸)受取手形 50,000

「手形が決済された」
=Aの当座預金からBの当座預金へ資金が移動し、手形が消滅した。

解ける!簿記3級 本試験レベル問題(手形の裏書譲渡)

【問題】
大井商店から商品¥50,000を仕入れ、代金のうち¥30,000は、かねて受け取っていた豊曜商店振出しの約束手形を裏書譲渡し、残額は掛けとした。

【THINKING SPACE】

 

 

 

 

 

【解答】
(借)仕 入 50,000
/(貸)受取手形 30,000
/(貸)買 掛 金 20,000

次講「手形の割引」へ

「第1問仕訳問題対策」トップに戻る

「簿記検定合格直結講座」トップに戻る

■ビジュアル動画「手形の裏書譲渡」無料講義