本文へスキップ

簿記初心者徹底応援サイト                                       

「スキマ時間で簿記3級!」トップページ > 簿記検定合格直結講座 > 損益

損益の処理損益勘定・当期純利益・当期純損失

損益勘定・当期純利益・当期純損失

決算手続に関する最後の最後に、これまで一度も触れなかった重要な仕訳を一つ、ご紹介します。落ち着いて丁寧に考えてみてください。

全ての勘定科目のうち、資産・負債・純資産の科目については、期末の残高はB/Sに表現されるとともに「次期繰越」とし、次の会計期間の期首に「前期繰越」として勘定記入の最初に記載されます。(勘定科目の書き方について

では費用・収益科目は?

以前にも述べましたように、費用と収益科目の勘定口座には「次期繰越」がありません。期末のP/Lに表現されますが、それだけで終わりでしょうか?

「超」入門編(「なぜ費用は借方か」)やブログで、費用と収益の意味を考えたときに、費用は貸方から資産が失われたのに対価として借方に別の資産が得られなかった(資産減少のアト)という意味、収益は逆に、借方に資産が得られたのに、対価として貸方で資産を失わなかった(資産増加のアト)と解釈しました。

つまり、1会計期間の営業活動の結果、決算処理してみて・・・

純利益がでていれば、それは資産が期首よりも増加した
逆に純損失となってしまったとしたら、それは資産が期首よりも減少した


ということです。

ところで、これをB/Sで考えると、当然「借方=貸方」ですから、

資産が増加すれば負債+純資産も同額増加しているはず
逆に資産が減少すれば、負債+純資産も同額減少しているはず

です。

このとき、負債は増えも減りもしていませんから純資産がその分増減することになります。

具体的には、当期純利益が出れば、同額資本金が増加したことになりますし、逆に当期純損失であれば、資本金が同額減少したことになります。



以上のことについての会計処理としては、全ての費用科目、収益科目の残高を「損益」という勘定に振り替えます。

ちょうど、資産や負債、純資産の残高を「次期繰越」として、勘定口座の借方合計=貸方合計にするのと同じように、費用・収益科目では、残高を「損益」勘定に振り替えて、勘定口座の貸借をバランスさせます

<資産科目勘定口座の例>



<費用科目勘定口座の例>



ですから、費用科目の損益勘定への振替仕訳は、借方残高を貸方で払い出して損益勘定の借方に振り替えるので、
(借)損  益 \,\\\ (貸)(費用科目) \,\\\

逆に収益科目の損益勘定への振替仕訳は、貸方残高を借方で払い出して損益勘定の貸方に振り替えるので
(借)(収益科目) \,\\\ (貸)損  益 \,\\\

という仕訳になります。

こうして損益勘定に集約された各費用科目、収益科目の貸借差額は、最後資本金勘定に振り替えられます。

(例1)


(例2)


さて、上記の損益勘定のイメージで、(例1)(例2)どちらが当期純利益でどちらが当期純損失だかわかりますか?

当然、(例1)は費用<収益ですから、当期純利益ですね。
この場合、損益勘定の貸方残の方が多いわけですから、差額を借方から資本金勘定に振り替えることで、損益勘定の貸借がバランスします。
よってこの場合の仕訳は

(借)損 益 \,\\\ (貸)資本金 \,\\\

となります。貸方科目の資本金のさらに貸方に計上しているので、資本金が増加しています。

逆に(例2)は費用>収益ですから、当期純損失です。
この場合、損益勘定の借方残の方が多いので、差額を貸方から資本金勘定に振り替えることで、バランスします。
よってこの場合の仕訳は

(借)資本金 \,\\\ (貸)損 益 \,\\\

となります。貸方科目の資本金勘定について、借方に仕訳しているので、資本金が減少しています。

ここは、仕訳だけに頼ると純利益なのか純損失なのかよくわからなくなるので、勘定口座のイメージも描きながら考えてみてください。

解ける!簿記 3級 本試験レベル問題
次の取引を仕訳せよ。
損益勘定の記録によると当期の収益総額は\2,300,000で費用総額\2,800,000であった。この差額を資本金勘定へ振り替える。

<THINKING SPACE>










<解答>
(借)資本金 500,000 (貸)損 益 500,000

<合格直結の思考>
費用>収益なので、
 

損益勘定の貸借を一致させるために、貸借差額\500,000を貸方に計上し、資本金勘定は借方(=減少)

実戦力アップ演習問題「損益勘定の振り替え」へ

「簿記検定合格直結講座」トップに戻る


スポンサーリンク

第144回日商簿記検定対策では77,000人が本サイトを利用されました!
ありがとうございました

Ads by Google

第144回日商簿記検定
(11/20)ココが狙われた!
第1問(仕訳問題)
 戻り・戻し・値引き
 普通預金 当座預金
 消耗品と消耗品費
 内金・手付金
 貸倒処理
第2問
 勘定記入
第3問
 合計試算表
第4問
 伝票の集計


「日商簿記3級の試験対策になるサイト3選」に本サイトが紹介されました。
(プライベートコーチのcyta.jp)

今月の人気テーマ
第1位 借方貸方の極意
第2位 借方貸方の真の意味
第3位 まず貸借対照表から
第4位 勘定記入(基本)
第5位 固定資産と減価償却

Contents

トップページ
独学おすすめ学習法
複式簿記のおもしろさ
借方貸方の意味とは?
受払のイメージ
なぜ借入金なのに貸方?
暗算の極意とは?
「大谷場メソッド」とは

紙と鉛筆と電卓いらない
どうして貸借対照表なのか
5要素ではなく2要素
間違いだらけの学習法
検定合格してから学ぶ
「簿記とは」超入門編
いきなり貸借対照表(1)
いきなり貸借対照表(2)
借方と貸方の極意(1)
借方と貸方の極意(2)
単式簿記と複式簿記
仕訳とは?〜検定試験の主役
勘定記入をあなどるな(1)
勘定記入をあなどるな(2)
費用・収益・損益計算書
総まとめ〜たったこれだけ

簿記検定合格直結講座
まずはお金〜開業・資本金
お金を増やす〜商品売買
儲けは?〜商品売買益
後払い〜売掛金・買掛金
後払い2〜未収金・未払金
返品(戻り・戻し)と値引き
3級検定 頻出〜内金・手付金
おなじみ普通預金の仕訳方法
支払は小切手で〜当座預金
残高オーバー!〜当座借越
手形とはどういうものか
手形は受け取るか支払うか
コワクない手形の裏書譲渡
手形の割引は「手形売却損」
貸倒引当金は万一の"保険"
貸倒れが起こった!
貸倒債権が回収されたら
カンタン貸付金と借入金
手形貸付金・手形借入金
商品券が売れても売上ならず
頻出!従業員の出張〜仮払金
これも頻出!立替金・預り金
有価証券は値差と付随費用
固定資産は分割払い
検定は間接法・売却・付随費用
現金過不足〜帳簿より実際
現金の範囲〜通貨代用証券
小口現金〜精算の仕訳だけ
租税公課と似て非なるもの
引出金〜仕訳も勘定記入も
費用・収益の繰延
費用・収益の見越
第2・4問頻出!勘定記入実戦編
勘定記入・繰延見越完全制覇!
伝票の完全攻略法(分解取引)
伝票の完全攻略法(全額掛け)
伝票の集計
補助簿〜売掛金(買掛金)元帳
補助簿〜商品有高帳
補助簿〜補助記入帳
第3問対策〜試算表とは
実戦演習!残高試算表(1)
実戦演習!残高試算表(2)
実戦演習!合計試算表
実戦演習!繰越試算表
試算表と補助簿の複合問題
第5問対策〜精算表とは
精算表:売上原価・商品売買益
精算表:有価証券評価替
精算表:消耗品の期末処理
精算表:未処理事項の処理
損益・当期純利益・当期純損失
合格までの学習計画
質問・相談のコーナー


information

スキマ時間で簿記3級!
by株式会社大谷場教育研究所

このサイトについて
運営会社について(会社サイトへ)
個人情報の取扱いについて
特定商取引法に基づく表示
姉妹サイト:スキマ時間で簿記2級!