本文へスキップ

簿記初心者徹底応援サイト                                       

「スキマ時間で簿記3級!」トップページ > 簿記検定合格直結講座 > 商品売買(1)

商売の基本〜安く仕入れて高く売る商品売買


 簿記検定合格へのペースメーカー・・・メールマガジン(無料版)の購読希望はこちらから


日商簿記検定 3級試験で扱う商業簿記は、結局「モノの売り買い」(商品売買)の理解がメインテーマと言えます。仕訳問題も、多くがこの商品売買ガラミです。例えば手形手付金といった最頻出問題も、この商品売買に関係するものです。
「モノを売って利益(商品売買益)を得る」という基本を押さえましょう。

「商品売買」セクションで学習するポイント
1.仕入勘定・売上勘定とは
2.大事な儲け=商品売買益を計算しない?


商品売買


前回の「開業・資本金」の回では、事業主が自分で蓄えた200万円を投じて商店を開業し、資本金200万円から、商業活動そして商業簿記がスタートしました。

この自ら出資した資金を、事業活動(商売)により増やそう(せめて銀行預金の利息より)というのが、日商簿記3級で扱う商店経営の一番の目的です。

そして、商業簿記の扱うこの事業活動のメインは、商品を安く仕入れて高く売り、儲け・利益をあげることです。

複式簿記「超」入門のおさらい(まだ覚えてますか?)

■例1■
7月22日、200万円の商品を仕入れ代金を現金で支払った。

7月30日、かねて200万円で仕入れてあった商品を、300万円で販売し、現金で支払いを受けた。

<仕訳>
7/22 (借)商 品 2,000,000 (貸)現   金 2,000,000
7/30 (借)現 金 3,000,000 (貸)商   品 2,000,000
                     商品売買益 1,000,000

ここが、商売のもっとも基本的なエンジンです。

つまり、現金2百万円を売り物(商品)に交換し、その商品を仕入れ値より高く売って(再び現金に交換して)その値差で儲ける。
(上記の例では現金が2百万円から3百万円に増えています)
その3百万に増えた資金でさらに仕入れて販売し、儲けを獲得してさらに資金を増やす・・・

仕訳でいうところの、「商品売買益」を得ることこそが、事業活動(商売)の最大の目的です。


仕入と売上


ところで実際の商売では、毎日毎日、多種類の商品を仕入れ、販売しているはずです。

■例2■
(1)7月22日、商品A(単価 50円)を1,000個、商品B(単価100円)を1,500個を仕入れ、代金を現金で支払った。
(2)7月30日、商品Aを1個 80円で500個、商品Bを1個120円で1,000個
それぞれ売上げ、代金は現金で受け取った。

・・・紙とエンピツと電卓がなけりゃできないじゃないか!

ごもっともです。でもこれは計算しなくていいです。(ちなみに暗算の極意はコチラ

計算すると次のとおりです。

(1)@50円×1,000個+@100円×1,500個=200,000円
<仕訳>
(借)商 品 200,000 (貸)現 金 200,000

(2)収  入  @80円×500個+@120円×1,000個=160,000円
   商品原価  @50円×500個+@100円×1,000個=125,000円
   商品売買益 160,000円−125,000円      = 35,000円
<仕訳>
(借)現 金 160,000 (貸)商  品 125,000
              商品売買益 35,000

・・・イッキにめんどくさくなりましたね。

めんどくささの一因として、毎回売り上げの都度、売上額の計算だけでなく、売り上げた商品の仕入れ値(原価)を調べて計算し、商品売買益を計算しているところです。

もちろん、儲けるための分析としては、こうした取引ごとの損益の計算は重要です。

しかし、商業簿記上の取扱いとしては、商品の原価や商品売買益をその都度計算しなくても後回しにして、期末に決算で合計がわかればOKです。

そこで、一般的には次のような方法で仕入、売上の計算をします。

1 商品の仕入れ時は、仕入金額を「商品」という資産の科目ではなく、
「仕入」
という費用の科目に計上する

2 商品の販売時は、「商品」(資産)と「商品売買益」(収益)に分け
ることなく、売上代金全額を「売上」という収益の科目に計上する

3 期末(決算時)に、売上総額(インカム)から仕入総額(コスト)を
引いて、損益を算出する

(1)・(2)の例の仕訳でいうと、

(1)(借)仕 入 200,000 (貸)現 金 200,000
(2)(借)現 金 160,000 (貸)売 上 160,000

というように、シンプルになります。

(2)に関して、このタイミングでは売り上げた商品の元値(原価=125,000円)も、商品売買益(35,000円)も計算しません
oyb期末(決算時)にまとめて算出します。

次回は、気になる「期末での商品売買益」を計算します。

「商品売買」セクションのまとめ
1.商品勘定を、仕入れ時は仕入勘定、売上時は売上勘定にする
2.売り上げの都度「商品売買益」を計算しない


次講「正しい商品売買益・3分法とは」へ

「簿記検定合格直結講座」トップに戻る

■ビジュアルに理解できる無料動画


スポンサーリンク

第144回日商簿記検定対策では77,000人が本サイトを利用されました!
ありがとうございました

Ads by Google

第144回日商簿記検定
(11/20)ココが狙われた!
第1問(仕訳問題)
 戻り・戻し・値引き
 普通預金 当座預金
 消耗品と消耗品費
 内金・手付金
 貸倒処理
第2問
 勘定記入
第3問
 合計試算表
第4問
 伝票の集計


「日商簿記3級の試験対策になるサイト3選」に本サイトが紹介されました。
(プライベートコーチのcyta.jp)

今月の人気テーマ
第1位 借方貸方の極意
第2位 借方貸方の真の意味
第3位 まず貸借対照表から
第4位 勘定記入(基本)
第5位 固定資産と減価償却

Contents

トップページ
独学おすすめ学習法
複式簿記のおもしろさ
借方貸方の意味とは?
受払のイメージ
なぜ借入金なのに貸方?
暗算の極意とは?
「大谷場メソッド」とは

紙と鉛筆と電卓いらない
どうして貸借対照表なのか
5要素ではなく2要素
間違いだらけの学習法
検定合格してから学ぶ
「簿記とは」超入門編
いきなり貸借対照表(1)
いきなり貸借対照表(2)
借方と貸方の極意(1)
借方と貸方の極意(2)
単式簿記と複式簿記
仕訳とは?〜検定試験の主役
勘定記入をあなどるな(1)
勘定記入をあなどるな(2)
費用・収益・損益計算書
総まとめ〜たったこれだけ

簿記検定合格直結講座
まずはお金〜開業・資本金
お金を増やす〜商品売買
儲けは?〜商品売買益
後払い〜売掛金・買掛金
後払い2〜未収金・未払金
返品(戻り・戻し)と値引き
3級検定 頻出〜内金・手付金
おなじみ普通預金の仕訳方法
支払は小切手で〜当座預金
残高オーバー!〜当座借越
手形とはどういうものか
手形は受け取るか支払うか
コワクない手形の裏書譲渡
手形の割引は「手形売却損」
貸倒引当金は万一の"保険"
貸倒れが起こった!
貸倒債権が回収されたら
カンタン貸付金と借入金
手形貸付金・手形借入金
商品券が売れても売上ならず
頻出!従業員の出張〜仮払金
これも頻出!立替金・預り金
有価証券は値差と付随費用
固定資産は分割払い
検定は間接法・売却・付随費用
現金過不足〜帳簿より実際
現金の範囲〜通貨代用証券
小口現金〜精算の仕訳だけ
租税公課と似て非なるもの
引出金〜仕訳も勘定記入も
費用・収益の繰延
費用・収益の見越
第2・4問頻出!勘定記入実戦編
勘定記入・繰延見越完全制覇!
伝票の完全攻略法(分解取引)
伝票の完全攻略法(全額掛け)
伝票の集計
補助簿〜売掛金(買掛金)元帳
補助簿〜商品有高帳
補助簿〜補助記入帳
第3問対策〜試算表とは
実戦演習!残高試算表(1)
実戦演習!残高試算表(2)
実戦演習!合計試算表
実戦演習!繰越試算表
試算表と補助簿の複合問題
第5問対策〜精算表とは
精算表:売上原価・商品売買益
精算表:有価証券評価替
精算表:消耗品の期末処理
精算表:未処理事項の処理
損益・当期純利益・当期純損失
合格までの学習計画
質問・相談のコーナー


information

スキマ時間で簿記3級!
by株式会社大谷場教育研究所

このサイトについて
運営会社について(会社サイトへ)
個人情報の取扱いについて
特定商取引法に基づく表示
姉妹サイト:スキマ時間で簿記2級!